垂直壁コンクリート

四次施工の垂直壁コンクリートの打設量は約100m3であり、同時施工の副堰堤-垂直壁間の側壁と

合わせて210m3になり、5回での打設を予定しています。

垂直壁・側壁打設計画図↓

垂直壁と側壁は、壺状になっている施工箇所の一番深く狭い場所での作業になり、雨水の流入、湧水

による水没、法面の崩壊等の危険が伴うので細心の注意を払い作業を進めていきます。

垂直壁G,H-1型枠組立完了↓

 

コンクリート打設状況↓