◆工事概要  ◆工事説明  ◆工事の経緯  ◆工事の流れ

 

工 事 の 経 緯

H25 着手前

滝谷はV字の狭い渓谷で河床勾配も急であり、本堰堤施工付近の地山法面はもろく崩れている状況だった。

 

1年目 H25 完成

法面保護工事を行った後、本堰堤左岸側の掘削・コンクリート打設を行った。

 

2年目 H26 完成

本堰堤中央・右岸側の掘削・コンクリート打設を行い水抜き暗渠を設置した。

 

3年目 H27 完成

本堰堤のコンクリートを全体的に打設し左岸側は完成した。また、上流側に暗渠間を設置し盛土を行った。

 

4年目 H28 完成

本堰堤を完成させ、下流側に計画されている副堰堤・垂直壁を施工するための工事用道路を整備し掘削を行った。

 

5年目 H29 完成

副堰堤施工の初年度であり、右岸側・左岸側ともに掘削してコンクリートを約7m打設した。また、左岸側の法面保護を行った。

 

6年目 H30 完成予想図

堰堤右岸側の副堰堤・垂直壁と本堰堤-副堰堤間の側壁・水叩、副堰堤ー垂直壁間の側壁の施工を行う。