現場の調査とドローンで写真撮影

現場の調査と、ドローンを使って現場を上空から見た写真を撮影しました

前回同様、現場の調査でどの辺に何があるのかを調べました。

常にまわりに気を配り、周囲に迷惑をかけない事を意識しながら作業をしないといけないとの事です。

仕事をただこなすのではなく、そういったことも頭の隅におきながらこれからやっていきたいですsad

ドローンを使った写真撮影では、今回初めて操作してみてとても楽しかったです!

今後触れる機会が増えるので楽しみです

DJI_0186

会社で使っているドローンは、1つ20万円すると聞いたのでので壊さないようこれから慎重に使いたいですcrying

関西電力さんとの立会いに同行

関西電力さんとの立会いに同行させて頂きました!

DCP PHOTO

DCP PHOTO

立会いでは、送電線からどれだけの安全距離をとり作業を行わないといけないのかを確認しに行きましたsmiley

立会いをさせて頂くにあたって、前日に光波で測った角度と距離を使って地面から送電線の高さを計算しました。

DCP PHOTO

DCP PHOTO

立会いの結果、送電線までの高さが23mでした。測量した結果とほぼ同じでした。

高校で習った三角関数を使用しました。高校での勉強が大切だと思いました。

電圧に合わせて安全距離が変わるとの事でしたが、この送電線の電圧が27万5000ボルトなので安全距離は7mということでした。

7mより近づいてしまうと、感電angelしてしまうとのことなので気をつけたいですねcrying

今回は、作業場所の調査は大事だということがわかりまじた。yes

新入社員の澤です

はじめまして

高岡工芸高校を卒業し射水建設興業株式会社に入社しました、入社1年目の 澤 力也 です!

入社してまだ日も浅く、毎日毎日が勉強の日々ですcheeky

これからの現場で高校生の時では知ることのなかった新しい発見や、体験などをいっぱい配信していきたと思います!

どうぞ、よろしくお願いしますsmiley