護岸基礎工 下段部埋戻し

護岸基礎の埋戻しは下図の通り切土法面勾配 1:2.0に合わせて1層毎に転圧を行います。

①~④層はハンドガイドローラを、⑤~⑦はランマプレートを使用して転圧し、仕上げます。

仕上り形状を分かり易くするために専用の定規を作製して土砂を敷均し、その後転圧して仕上げました。

 

④層目土砂敷均し状況                        ④層目転圧状況

  

 

⑥層目土砂敷均し状況                        ⑥層目転圧状況